ここから本文です

渡辺美里、桜井秀俊(真心ブラザーズ)提供のシングルを7月に発売 全国ツアーも開幕

6/7(水) 18:15配信

CDジャーナル

 デビューから32年を迎えた日本を代表する女性ヴォーカリスト、渡辺美里がデビュー30周年メモリアル・シングル第2弾「夢ってどんな色してるの」以来約3年ぶりのシングル「ボクはここに」を7月5日(水)にリリース。

 表題曲「ボクはここに」は、詞曲を真心ブラザーズの桜井秀俊、編曲とプロデュースを本間昭光が手掛けた、切なくも胸躍る“大人の夏のうた”。1991年の20thシングル「夏が来た!」の主人公たちのその後を描いたアフターストーリー的な作品です。桜井はギターでも楽曲に参加。

 7月8日(土)からは、2年ぶりの全国ツアー〈渡辺美里 M・Generation Tour 2017〉がスタート。ソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉(key)がバンドマスターを務めるほか、設楽博臣(g)、井上富雄(b)、真藤敬利(key)、松永俊弥(dr)、竹野昌邦(sax)ら凄腕ミュージシャンとのパフォーマンスが予定されています。

最終更新:6/7(水) 18:15
CDジャーナル