ここから本文です

買春容疑で逮捕 ホテル専属歌手・宇都ノ宮晃の稼ぎっぷり

6/7(水) 15:01配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 栃木県「ホテルニュー塩原」といえば、テレビCMでおなじみの有名宿泊施設。ここの専属歌手が児童買春・ポルノ禁止法違反で警視庁に逮捕された。

 捕まったのは「宇都ノ宮晃」こと大友勝二容疑者(44)。女性が下着を売るサイトで16歳の少女と知り合い、3月25日に上京。渋谷のラブホテルで4万円を渡し、わいせつ行為をした疑いだ。

「本番ではなく手でしてもらったようです。大友容疑者は少女のパンティーを持ち帰りました」(捜査事情通)

 大友容疑者は東京の小劇団の出身。12年8月からニュー塩原に住み込み、40分のショーを週に5回続けてきた。これが口コミで人気になり、複数のテレビ番組で紹介されて中年女性のファンが急増。15年11月にはCDを自主制作している。音楽関係者が言う。

「劇団員のころからカッコ良かった。身長は180センチ近く、体形は細身。自分を売り込むために歌のデモテープを配っていました。きちょうめんで上品な雰囲気だったのに少女買春とはビックリです」

 興行関係者によると、宇都ノ宮晃ショーはノーギャラだが、オヒネリなどで潤っていたはずだという。

「ファンのオバサンたちが会場で500円のレイを買い、大友容疑者の首に掛けてやる。この代金のほか直接渡される1000円札、1万円札のチップが丸々ふところに入るシステムです。会場ではCDも売っていた。1日最低でも3万円、月収100万円はあったはずです。食事が無料だからお金は貯まったでしょう」(同関係者)

 ニュー塩原は客室数271で、宿代は7980~1万7000円。客が大型バスで乗りつけることで有名だ。同ホテルを運営する「大江戸温泉物語」は「(宇都ノ宮のショーで)お客さまが増えたわけではない」と言うが……。

「6年前の東日本大震災以降、栃木県のホテルはどこも左前。そんな中、ニュー塩原だけは宇都ノ宮晃目当ての女性客が100人単位で押しかけ、同業者は羨ましがっていました。だけどドル箱歌手がいなくなり、これから客が減るかもしれません」(地元関係者)

 わいせつ行為の代償は大きかった。