ここから本文です

【POG】素質馬トーセンアンバー 父譲りのバネが武器 抜群の気配で初陣V狙う

6/7(水) 6:02配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(11日、東京)

 攻め馬から潜在能力の高さを誇示しているトーセンアンバー(牝、美浦・菊沢)は期待のディープインパクト産駒。横山典とコンビを組み、日曜の東京5R(芝1800メートル)か6R(芝1600メートル)で初陣Vを狙う。

 入厩当初から軽やかなフットワークが目立つ一頭だった。菊沢師は「この時期にしては十分に体力がついていて、いいバネを持っています」とうなずく。1日の美浦Wでは4F51秒5-37秒9-12秒9の好時計を馬なりで記録。抜群の気配をアピールした。

 今年のNHKマイルCを制し、厩舎に初G1タイトルをもたらしたアエロリットも、昨年6月の東京で新馬戦Vを飾った。「アエロリットとは馬のタイプが違いますが、ここまでの過程や仕上げなどは似た感じで来ていますよ」。G1ウイナーとなった先輩の背中を追い、出世街道をばく進する。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ