ここから本文です

よしながふみ「愛すべき娘たち」、緒方恵美らにより3度目の朗読ライブ化

6/7(水) 12:00配信

コミックナタリー

よしながふみ原作による朗読劇「愛すべき娘たち」が、9月2日・3日に東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」にて上演される。

本作を主催するのは、声優の緒方恵美、演劇集団キャラメルボックスの坂口理恵と真柴あずきの3人から成るユニットARMs。リーディングと歌を中心にライブを展開してきたARMsは、これまで2010年と2013年にも朗読劇「愛すべき娘たち」を上演し、本作で3度目の公演となる。

2年前に無期限活動休止を宣言したARMs。このたびの活動復活にあたり緒方は「みんなが、みんなのために決めた、無期限休止。でもやっぱりなにかね、というタイミングで、でもこの週じゃなきゃね、という週にライブハウスが空いて、でもメンバーが揃わなきゃね、と訊いてみたら、役者・ミュージシャン全員が撮影やライブ現場の谷間だったりなんたりで。…これはもう、『偶然』じゃないよね…!」と、上演の経緯を明かした。

「愛すべき娘たち」は、一組の母娘と彼女たちに関わる女性たちを描いたオムニバス作品。舞台の前売券は7月8日よりチケットぴあにて販売される。

真柴あずきコメント
毎度、わがままを申し上げてすみません。休みます、と言っておいて、ちゃっかり復活。
私が観客の立場だったら、怒ってしまうかも。
でも、この期間で、この作品で、このメンバーだったらやれる、などという贅沢な願いが、実現可能!となった時、どうしてもまた、あの空間に立ちたいと思いました。
今しかお見せできない舞台になるはずです。どうか、会いに来てください。
……怒っててもいいですから(笑)。

坂口理恵コメント
ARMs 始めました。

オイオイ、休んでんじゃなかったのかよーぅ!と寝耳に水な皆さま、すみません。
ごめんなさい。起きてください。休みじゃなくなりました。
作品は私たちの大好きな代表作『愛すべき娘たち』。
この作品で、愛すべき皆さまに、またまたお会いできたら、こんなに嬉しいことはありません。お休みをちょっとお休みするのにお付き合いください。
お待ちしています。

緒方恵美コメント
ARMsの「S」…いえ「M」のオガタです(笑)。
みんなが、みんなのために決めた、無期限休止。
でもやっぱりなにかね、というタイミングで、でもこの週じゃなきゃね、という週にライブハウスが空いて、でもメンバーが揃わなきゃね、と訊いてみたら、役者・ミュージシャン全員が撮影やライブ現場の谷間だったりなんたりで。
…これはもう、「偶然」じゃないよね…!
そんな「必然」が、(個人的な話で恐縮ですが)自分の声優デビュー25周年イヤーの間に、起こるなんて。神様、ありがとう。…神様。これで運を使い果たしてしまうのかも…!? それでもいいと思えるほど、この作品を、このステージをやれることが、今、とても嬉しいのです。
次、いつになるか、本当にわかりません。
この機会に、ホストの私に…いえ、元・ホストな「大橋健」役の私に、他いろいろ「えっ!?」と思う役を兼ねる私に(笑)、ビリー・ジョエルを歌う私に──そしてそんな私以上に、本当に魅力的な役者たちに、ミュージシャンに、逢いに来て下さい。
みんなで、待っています。愛すべきみんなと。愛すべきみなさまを。

「ARMs PRESENTS 愛すべき娘たち」
日程:2017年9月2日(土)、3日(日)
会場:代官山ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」

原作:よしながふみ(『愛すべき娘たち』白泉社刊)
脚本:真柴あずき
演出:ARMs
出演:緒方恵美、坂口理恵、真柴あずき
ゲスト:木下政治、笹川亜矢奈、岩瀬聡志(pf)、目木とーる(gt)