ここから本文です

五輪新種目に卓球混合ダブルスは入れる?

6/7(水) 16:45配信

東スポWeb

【スポーツ情報局】

 五輪担当記者:2020年東京五輪で実施される新種目、何が入りますかね。

 デスク:野球・ソフトボール、空手など追加5競技以外の既存競技から追加される種目か。9日の国際オリンピック委員会(IOC)臨時理事会で決まることになったんだろ。

 記者:はい。卓球の世界選手権(ドイツ)を観戦していたIOCのトーマス・バッハ会長(63)が9日に発表すると明かしたと、6日の日本オリンピック委員会(JOC)理事会で室伏広治理事(42)が報告しました。

 デスク:日本にとって注目なのは柔道の団体戦と、吉村真晴(23=名古屋ダイハツ)、石川佳純(24=全農)組が先の世界選手権で金メダルを獲得した卓球の混合ダブルスか。

 記者:でも昨夏のリオ五輪で実施されたのが306種目で、東京五輪は野球・ソフトボールなど追加5競技を除いて上限310種目なんです。わずかな枠に国際競技団体から提案されたのは68種目…。難しいですよね。

 デスク:東京開催だからって、日本で人気の種目というわけにはいかないしな。

 記者:大会組織委員会関係者によれば、追加5競技の時のように東京五輪組織委員会から提案されたものを受けてIOCで決定するのではなく、新種目はIOCの理事会だけで決めるそうです。組織委からは会場やコストが大幅に増えることのないよう、IOCに伝えているとか。

 デスク:バッハ会長も世界卓球で石川、吉村ペアに感動して「これにしよう!」なんてことになれば面白いけどな…。

最終更新:6/7(水) 17:05
東スポWeb