ここから本文です

稀勢の里 患部強化で万全を期す 入念な準備で名古屋場所に挑む

6/7(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 左上腕部などの負傷で大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が6日、都内の同部屋で稽古を行い、患部の強化に努めた。腕立て伏せ、ゴムチューブでインナーマッスルを鍛えると、三段目相手に左肩からぶつかり、状態を確認。「やることをしっかりやっていく。(強化も)少しずつだけどね」と納得顔。

【写真】稀勢の里、故郷に錦…鹿島神宮で横綱土俵入り

 夏場所は回部の回復が間に合わないまま、ぶっつけ本番だっただけに、今回は入念に準備し、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)に臨む。