ここから本文です

藍パニック!女子ツアー史上初入場制限も 国内ツアー最後の可能性に異常フィーバー

6/7(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・サントリーレディース」(8日開幕、六甲国際GC=パー72)

 今季限りで現役を引退する宮里藍(31)=サントリー=の国内最終戦になる可能性があるサントリーレディースは8日、神戸市の六甲国際GCで開幕する。すでに前売りは平日券と4日間通し券が完売。大会過去最多の入場者数が見込まれる。運営サイドは女子ツアー史上初となる入場制限をかけることも想定しつつ、警備員を急きょ100人に増員するなど対応に追われている。宮里は6日、同GCで公式会見に臨み、「シンプルに、勝ちたいという気持ちが強い」と2004年以来の大会制覇を誓った。

【写真】宮里藍、涙の引退会見

 もはや“フィーバー”で収まらない!!“藍ちゃんパニック”は必至!?今季限りでの現役引退発表後、初の試合に臨む宮里への注目度は、日を追うごとに高まりを増している。

 この日も早朝の練習ラウンドから多くの報道陣が集まり、これには宮里も「緊張しますね。(上田)桃子には『えっ、これデビュー戦ですか』と冗談を言われるぐらい、ものすごく状況が変わっている」と苦笑い。ただ「これだけ注目される中で改めてどういうゴルフを展開できるか。自分にとっても挑戦になる」と闘志を高めた。

 国内ツアー出場は今大会が最後になる可能性もあるだけに、藍ちゃん見たさに前売り券は飛ぶように売れている。平日入場券は前年比2・3倍の約2300枚が5日に完売。4日間の通し入場券も180セットが売り切れた。土日入場券はまだ販売中だが、すでに前年より約180枚多く売れている。

 当日券も販売するが、運営サイドは入場者数に応じて販売を中止すると説明。入場制限がかかれば女子ツアー史上初だ。過去最多は宮里が4年ぶりに出場した09年大会の平日7313人、土日1万1439人で、安全面を考慮するとこれが限界に近かったという。前売り券の販売状況からして、“限界突破”は避けられないだろう。

 膨大なギャラリーに対応すべく、急きょ警備員を20%増の100人に増員し、宮里の組には警備員ら9人を配置する異例の態勢を決めた。ギャラリーバスも25%増の160台を用意し、仮説トイレも20%増の100個に。うれしい悲鳴を上げつつ、大わらわで準備を進めている。

 「シンプルに、勝ちたいという気持ちが強い。優勝を目指して、自分のやるべきことをしっかりやっていきたい」と宮里。大ギャラリーの声援に、藍ちゃんスマイルで応えてみせる。