ここから本文です

驚きの映像体験が次々と、uchuu,がVRシアター史上初のバンド編成ライブ

6/7(水) 12:24配信

音楽ナタリー

uchuu,が6月4日に神奈川・DMM VR THEATERにてワンマンライブ「未来都市-mirai city- the 3"r"d」を開催した。

【写真】uchuu,「未来都市-mirai city- the 3

DMM VR THEATERは3Dホログラフィックによるステージ演出を専門とした世界初の常設劇場で、この会場でライブを行うバンドはuchuu,が初。彼らは昨年4月にYouTubeで公開した「SI(G)N SEKAI」のミュージックビデオをこの会場で撮影しており、今回のライブはMVで映像演出を手がけたchaosgrooveがVJを担当し、魔法のようなMVの演出を観客の目の前で再現してみせた。

Nao(Key)が体調不良のため先日脱退したことを受け、彼らはこの日、4人体制でライブを実施。「secretspace」でライブが始まると、まるでメンバーの周りを飛び回るように演奏とシンクロして光の粒が舞い、客席から感嘆の声が漏れる。続いてアッパーチューン「TAKE ONE」に突入すると、不思議な風景に見とれていた観客が一気に総立ちに。通常のVJとは段違いの臨場感があるホログラフィックが、スペーシーでダンサブルなuchuu,のサウンドを彩っていく。

その後「新しいuchuu,というのを皆さんにお見せしたいと思います」と言いながら彼らはギターとベースを置いて、シンセサイザーとドラムだけでの演奏を披露。テクノ風に大胆なアレンジが施された「HELLO」、グルーヴィな新曲「over myself」、2013年発売の1stアルバム「Weltraum;Gate」収録の「TimeLINE」を次々に繰り出し、シアターをダンスフロアへと一変させた。なお、客席から見えているホログラフィックはステージ上からは見えないとのことで、K(Vo, G, Programming)は「映像、すごくないっすか? 感動ですよね?……っつってるけど、僕からは何も見えません(笑)。僕よりも皆さんのほうが得してると思います」と言って観客を笑わせた。

中盤に入るとAiri(Dr)、Hiroshi(Sequence, Percussion)、sujin(B)がステージから去り、Kがたった1人で新曲「am2:35」を披露。シンプルな打ち込みを同期させつつ、エレキギターの弾き語りで真夜中のメランコリックな雰囲気を表現した。「PlayStation 4」用サバイバルアクションゲーム「LET IT DIE」に提供した楽曲「LET IT DIE」ではゲームのシーンやキャラクターのホログラフィックが飛び出し、迫力ある演奏と演出に会場は大盛り上がり。さらに「この場所でMVを撮った、ここで始まった曲をやります」という曲紹介で「SI(G)N SEKAI」がスタートし、MV撮影時の様子がそのまま再現された。

最後にイベントタイトルにもなった「未来都市 -mirai city-」で客席にハンドクラップを巻き起こし、メンバー4人はステージから退場。アンコールの声に呼び戻されて再びステージに戻ると、Kは9月6日に新作CD(タイトル未定)をリリースすること、そしてこの日に披露された新曲が収録されることを報告した。「この曲をやらないと帰れないでしょ!」というKのシャウトと共に始まったアンコール曲は「HAPPY」。会場中でシンガロングが起こり、曲名通りハッピーな雰囲気の中でライブは幕を下ろした。

終演後の取材でKは、ライブ中の様子について「白い霧の中にいるみたいで、僕らからはまったく映像が見えなかったので、録画を観るのが楽しみです(笑)。普通のライブってお客さんとキャッチボールしながら作るけど、それができないので僕らも普段とは感覚が違いましたね。アンコールで出ていったときにやっとお客さんの顔がちょっと見えて、楽しんでくれてたみたいで安心しました(笑)」と振り返った。

uchuu,「未来都市-mirai city- the 3"r"d」2017年6月4日 DMM VR THEATER セットリスト
01. secretspace
02. TAKE ONE
03. overflow
04. Riviera
05. Today...
06. HELLO
07. over myself
08. TimeLINE
09. am2:35
10. 夜間飛行
11. keep on living in my music.
12. LET IT DIE
13. SI(G)N SEKAI
14. 未来都市 -mirai city-
<アンコール>
15. HAPPY

撮影:山本拓未 / 和田直人

最終更新:6/7(水) 12:24
音楽ナタリー