ここから本文です

巨人とは対照的 「引きずらない野球」で西武4連勝

6/7(水) 16:45配信

東スポWeb

<西武8-5巨人(6日)>引き分けを挟んで4連勝と好調の西武は巨人と対照的だ。貯金も今季最多タイの8とし、辻発彦監督(58)は「非常にベンチの雰囲気がいい。今日みたいなゲームをしていけば自信になる」と満面の笑みで話した。

 DHの使える本拠地に戻っても7番にメヒアを据えるセ本拠地仕様の打順で臨んだ。この日はそのメヒアと8番・外崎、9番・炭谷の下位打線が計6安打5打点と大当たり。7回には無安打ながら5四死球と犠飛で勝ち越し、指揮官は「打ちたいのは分かるけども、点を取ったところは(四球を)選んだり、つながりがあっていい形になったと思う。3点リードされて『まずい』と思いましたが、今日は下位打線がよく打ってくれた」と振り返った。

 2安打1打点でヒーローとなった選手会長・炭谷も「大差で負けても、その日は反省して次に引きずらないという雰囲気を監督が作ってくれているので(チームとして)いい方向に向かっていると思う」と言う。巨人に欠けているものが、今季の西武にはある。

最終更新:6/7(水) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/20(木) 22:30