ここから本文です

℃―ute中島早貴 初めて日本武道館に立った時の感動は忘れない

6/7(水) 16:45配信

東スポWeb

【6・12さいたまスーパーアリーナ解散コンサート・℃―ute「LastDan℃e」(5)】ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」(矢島舞美=25、中島早貴=23、鈴木愛理=23、岡井千聖=22、萩原舞=21)の解散直前の心境をリレー形式でつづる連載「Last Dan℃e(ラストダンス)」第5回は前回に引き続き、鈴木が担当。アイドル人生15年間での「唯一の自慢」を明かし、後半は中島に連載のバトンを渡す。

 この15年間で唯一の自慢が「1回もステージを休んだことがないこと」。しかもフルステージ! 丈夫な体に産んでくれた両親には感謝ですね。昔「モーニング娘。」の石川梨華さんが裏で高熱出してるのにステージに立ったら、それを感じさせなかった。私たちってそういう時代の先輩を見てきている。ステージって休むものじゃない、1回しか見に来られないファンもいるし、メンバー一人ひとりステージでの役割もある。これはぜひ、後輩に受け継ぎたいです。

【鈴木から中島へ】ハロプロキッズのうちから一番、一緒にいたメンバーだった。それがぐるーっと長い年月を通して2人でいることがまた多くなって、本当の自分がさらけ出せるというか、そういった安心感がある。だから、まあ、解散した後は、すてきな自分として、また一人の女性として、いいお付き合いをさせてくださいね。

【中島】照れちゃうわあ。ラブコールいただいちゃった。2人は空気感が似てるのかな、お互い無理せずにいられる。愛理も私の悪いところを指摘してくれるし、良いところはみんなに広めてくれる。この先、仕事がバラバラになっても、自分が愛理のことを伝えられる場があるなら伝えたいし、多分、愛理もそう思ってくれてるはず。プライベートでもいっぱい会いたいな。あと絶対に、この先、お互いに落ち込んだりする期間があると思うので、その時はなぐさめ合おうね(笑い)。

 最近の私は、誰かが泣いたら、やっぱり泣いちゃう。私は基本、泣きたいタイプだから涙を我慢してはいるけど、メンバーが泣くと「あっ、泣いていいの? もうOK?」って泣いちゃう。私が一番先じゃないよって。思い出は初めて日本武道館に立たせてもらった時。あの感動は忘れない。夢ってかなうんだあって。チケット完売して、2デイズできる。もう、うれしいの最高潮! きたぞ!って感じ。

 5人になった時は、私は辞めるって選択肢はなかった。自分はネガティブな性格だと思っていたんですけど、最近、振り返ると、実はみんなほど悩んでいなかったことが分かった。「私は私」っていうほうが強かったかも。「私はこのポジションで踊ってればいいや」とか意外とクール?というか、ホワホワしていたというか…。そうだ「のんき」だ。「のんき」が一番ぴったりとくる。「なんとかなるさ」って。メンバー関係でグシャッてした時が一番つらかったけど、それでも、この先にもっとつらいことがあるんじゃないかなと思って、その時期は過ごしてた。悩んでも仕事やステージはやってくるので悩んでる時間がないなって。だから、5人でいる時の私は「一歩引いたポジション」にいたかな。

☆キュート=2005年6月11日に7人組グループとして結成。その後、1人加入し、8人組になるも、09年10月に現在の5人組の形となる。メジャーデビューは07年。6月12日の解散コンサート「℃―ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team ℃―ute~」を全国の映画館や香港、台湾でライブビューイング開催(詳しくは公式ホームページで)。またBSスカパー!でも生放送される。

最終更新:6/7(水) 16:45
東スポWeb