ここから本文です

大迫勇也がシリア戦で誓うのは得点と迫力…ゴール前での課題改善を意識

6/7(水) 7:12配信

GOAL

日本代表FW大迫勇也は6日、ゴール前での動きを意識しつつ、シリア戦では得点を挙げることを誓った。

日本代表は7日に行われるキリンチャレンジカップでのシリア戦、13日のロシア・ワールドカップアジア最終予選のイラク戦に向けて調整を続けている。大迫は「徐々に疲れが取れてきている」と話し、コンディションが上向きであることを説明した。

また、シリア戦では、勝つことを前提としながら、ゴールを奪うことを誓う。さらに自身の課題に挙げる「ゴール前の迫力」も意識すると話している。

「僕がケルンで1年間ずっと意識し続けたことでもありますし、課題でもあると思っています。自然とやったら出ないものだから、意識してやりながら自然と出せるようにしないといけないと思っていますね」

代表でワールドカップ最終予選という独特の緊張感を味わいながら、その中で楽しめていることを明かす大迫。自分のゴールとチームの勝利を求めるかという問いに「FWはどちらもでしょ」と当たり前のように語るエースの背中は頼もしい。

GOAL

最終更新:6/7(水) 7:12
GOAL