ここから本文です

サッカー=AFC、カタール情勢がサッカー界に与える影響注視

6/7(水) 11:27配信

ロイター

[クアラルンプール 6日 ロイター] - カタールと周辺5か国が断交状態になった政治情勢を受け、アジア・サッカー連盟(AFC)は情勢を注視する方針を明らかにしている。

カタールは2022年のワールドカップでホスト国となることが決定している。AFC役員は、この政治情勢のサッカー界に与える影響が最小限になることを望むとした。

周辺のイラン、レバノン、シリア、イラク、イエメンのクラブまたは代表チームは、外交問題で中立地開催の必要性が出た場合、カタールの会場を使用していた。

AFCのウィンザー・ジョン事務局長は、アジア・チャンピオンズリーグでカタールのクラブがすでに敗退しているため、即時の影響はないとしつつ「状況を非常に密接に監視している」と述べている。

最終更新:6/7(水) 11:32
ロイター