ここから本文です

ホットリンク、ソーシャルメディア運用支援サービス「BuzzSpreader」を提供

6/7(水) 10:54配信

ITmedia マーケティング

 ホットリンクは2017年6月6日、ソーシャルメディア運用支援サービス「BuzzSpreader(バズスプレッダー)」をリリースすると発表した。第一弾としてInstagramの運用支援に対応し、2017年6月初旬に販売開始する。

 BuzzSpreaderは、複数のソーシャルメディアアカウントをまたがって現状を可視化し、運用の効率化とROI向上を支援するサービス。独自開発のAIエンジンを搭載し、ハッシュタグの利用動向や入力されたキーワードとの整合性、運営されているアカウントのポジショニング(強さ)の3要素を考慮してハッシュタグ候補を解析・評価・提案する。

 同サービスを活用して、アカウントの現状分析や運用管理を行うこともできる。現状分析では、該当アカウントの全体動向だけでなく、個別の投稿内容における拡散状況をダッシュボードに表示することもできる。具体的には、フォロワー数やいいね数、コメント数、エンゲージメント率などの推移をリアルタイムでグラフ化し、ダッシュボードに表示する。

 運用管理では、ベンチマークとなるInstagramアカウントの登録ができる。全体動向、個別の投稿内容それぞれにおいて、ベンチマークとなるアカウントとの比較ができる。目標設定機能も搭載し、いいね数、フォロワー数、エンゲージメント率などのKPIについて進捗状況を確認することが可能。目標に対する結果は、リアルタイムでグラフ表示され、複数のアカウントを比較して表示することもできる。

 初期費用は10万円。月額費用は10万円から。