ここから本文です

サッカー=アルダがトルコ代表引退、記者とのトラブル受け

6/7(水) 12:05配信

ロイター

[6日 ロイター] - サッカーのトルコ代表で主将を務めたアルダ・トゥラン(29)は6日、飛行機内での記者への暴力行為を受け、同国代表を引退すると発表した。

トゥランは、マケドニアとの国際親善試合を終えて戻る飛行機内で新聞記者と口論になって暴力行為に及び、周囲に止められる出来事を起こしていた。

スロベニアで行っているトレーニングキャンプで取材に応じたトゥランは、国を代表する立場として間違った行動だったとし、代表引退を明らかにした。

ただ、当該記者が2016年欧州選手権でうわさ話を広めて家族を中傷、侮辱したと説明。「代表の機内で起こすべきことではなかった」と話す一方で後悔はないとし、「彼が私に言ったことは決して忘れない」と述べた。

トゥランはトルコ代表として94試合に出場し、17得点を記録した。

最終更新:6/7(水) 12:05
ロイター