ここから本文です

【ロッテ】石川、パ最悪タイ開幕6戦6敗…8回3失点も復調に手応え

6/7(水) 6:34配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ0―3中日(6日・ZOZOマリン)

 勝てなかった。それでも、石川にとって、意味のある敗戦と思える投球だった。8回を3失点、無四球の力投。6回には自己最速タイの152キロを計測した。「良かったです。過去イチです」。5年目で最高の投球と言い切る姿は、自信に満ちあふれていた。開幕6戦6敗は球団史上初めて、パでもワーストタイ。それでも、復調を印象づけた。

 苦しんだ。WBC出場の影響なのか、開幕直後は投げ込み、走り込み不足が明らか。制球に苦しみ、不振で初めて2軍落ちした。体を作り直し、約1か月後に1軍に復帰すると、次の課題は気持ちだった。マウンドで相手ではなく自分と闘い、本来のボールを操れない。5月30日の阪神戦(ZOZO)で5回途中7失点を喫し、再降格も検討されたが、「次も行きます」と直訴した。この1週間はキャッチボールを見直し、体重移動を入念に確認。ボールにようやく心が追いついた。

 援護に恵まれず、チームは7度目の完封負け。借金は今季ワーストを更新する22まで膨らんだ。「まだ1回だけなので、これを継続できるようにしたい」。白星は付かなかったが、長いトンネルのすぐ先に光が見えた。(田島 正登)

最終更新:6/7(水) 6:34
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 22:25