ここから本文です

千葉で環境イベント「もったいないゼロキャラバン」 食品ロスの現状を楽しく学ぶ /千葉

6/7(水) 16:08配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)グランドモール1階グランドコートで6月18日、環境イベント「もったいないゼロキャラバン」が開催される。主催は千葉市。(千葉経済新聞)

親子で「もったいないゼロ」

 食べることができるのに廃棄される食べ物のことを指す「食品ロス」。千葉市廃棄物対策課によると、同市で排出される約半分を生ごみが占め、その中に多くの食品ロスがあるという。そうした「もったいない」状況を楽しく学んでもらおうと、同イベントではさまざまな企画を用意する。

 会場では、食べ物のもったいない現状について知る「もったいないゼロパネル展」、食品ロスについての短編映像作品を上映する「もったいないゼロ上映会」、景品を用意するクイズ「もったいないゼロクイズラリー」、1人が出す食品ロスの重さを手で持つ「体感コーナー」などを展開する予定。

 手つかずの食品・ペットフード、使用済みてんぷら油の回収も行う。食品は賞味期限が1カ月以上あり、未開封で汚損や破損がなく、常温保存できるもの。ペットフードも食品と同様だが、疾病の管理、予防を目的とする「処方食」は除く。使用済みてんぷら油は、不純物の無い植物油を求める。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク