ここから本文です

【ソフトバンク】柳田「奇跡」のサヨナラ打!フルスイングで転がったのはたった10メートル

6/7(水) 6:08配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク2x―1ヤクルト(6日・福岡ヤフオクドーム)

 信じられないような結末だった。延長10回2死三塁。柳田がフルスイングした打球は、三塁前へのボテボテのゴロ…。だが、久古、谷内が見送ろうとした打球は切れることなく、ぎりぎりフェアゾーンに止まった。「奇跡」と高笑いした内野安打で今季、チームに3度目のサヨナラ勝ちをもたらした。

 自身4度目のサヨナラ打は“自己最短飛距離”の一打だった。サヨナラ打は15年8月11日のオリックス戦(ヤフオクD)以来だが、過去3度はすべて本塁打。今回の三塁内野安打が転がったのは10メートル程度。「打ったときは『ヤバい』と思って走った」。一塁を駆け抜け振り返ると、チームメートがベンチから駆け寄ってきた。「あんな打球は初めて」と振り返った“秘打”で、止まりかけていた連続試合安打も18と自己記録を更新。「ヒット(の評価)にA、B、Cはない。結果に大満足」と恥ずかしそうに胸を張った。

 「長いこと野球をやっていますが、初めて見ました」と工藤監督も目を丸くしたミラクルな一打でサヨナラ勝ち。貯金を今季最多タイの14に増やし、首位・楽天とは2・5差に迫った。「ダサい打球でしたが、フェアゾーンに止まってよかった。あしたはちゃんと飛ばします」とお立ち台でファンに約束した柳田。次こそは“らしい”、どでかい当たりをぶっ放してみせる。(戸田 和彦)

最終更新:6/7(水) 6:10
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 15:25