ここから本文です

故D・ロックフェラー氏のアートコレクション、来春競売に

6/7(水) 15:22配信

ロイター

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 今年3月に101歳で死去した米国のロックフェラー家第3代当主で銀行家だったデービッド・ロックフェラー氏のアートコレクションが、来年春にオークションにかけられる。

競売大手のクリスティーズが明らかにした。

芸術作品、家具、装飾品など2000点あまりが出品され、売り上げは慈善団体に寄付される。生前、ロックフェラー氏は富の大半を文化、教育、医療、環境などに捧げると述べていた。

息子のデービッド・ロックフェラー・ジュニア氏は「父と母が生涯を通じて収集した芸術品を世界と分かち合うという父の望みをかなえ、ロックフェラー家の伝統である慈善活動に活用できることを誇らしく思う」と声明で述べた。

コレクションには、印象派、後期印象派、現代美術の芸術作品、英国や欧州の家具、アジア美術などさまざまな品が含まれる。

オークションに先立ち、主だった品々が欧州、アジア、米国で公開される予定。

最終更新:6/7(水) 15:22
ロイター