ここから本文です

司葉子特集で小津安二郎や成瀬巳喜男監督作など27本上映、司と宝田明のトークも

6/7(水) 16:06配信

映画ナタリー

「司葉子 美しさと凛々しさと」と題された特集上映が、6月11日から24日にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

【写真】「愛情の都」 (c)1958 TOHO co.,ltd(他5枚)

この企画では、女優・司葉子の出演作27本がスクリーンにかけられる。1954年に「君死に給うことなかれ」でデビューした司は、小津安二郎、黒澤明、成瀬巳喜男らの監督作など数多くの映画に出演した。特集のラインナップには、第17回ブルーリボン賞主演女優賞ほか多くの賞を獲得した「紀ノ川 花の巻・文緒の巻」、宝田明と共演したメロドラマ「美貌の都」「愛情の都」、市川崑が手がけた金田一耕助シリーズの3作目「獄門島」、鈴木英夫がメガホンを取った社会派サスペンス「非情都市」などが並ぶ。

さらに、司本人や共演者の宝田を迎えたトークショーも開催。詳しくは劇場の公式サイトで確認しよう。

日本映画のヒロイン Vol.16 司葉子 美しさと凛々しさと
2017年6月11日(日)~24日(土)東京都 新文芸坐
<上映作品>
「秋日和」
「小早川家の秋」
「獄門島」
「非情都市」
「美貌の都」
「愛情の都」
「帰って来た若旦那」
「紀ノ川 花の巻・文緒の巻」ほか
料金:一般 1300円 / 学生 1200円 / シニア、会員 1050円

最終更新:6/7(水) 16:06
映画ナタリー