ここから本文です

京成船橋駅前の美容室「FELIZA」が移転 和モダンな空間で癒やし提供 /千葉

6/7(水) 18:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 京成船橋駅からすぐ、仲通り商店会の入り口のビルにあった「美容室FELIZA」船橋店が4月12日、同ビルの手前に新しくできたビル(船橋市本町4、TEL 0120-166-704)に移転オープンした。(船橋経済新聞)

店内の様子(関連画像)

 同店は1972(昭和47)年、北習志野で創業。船橋店は2005年に出店し、現在は北習志野、薬円台、八千代緑が丘、青山、奏の杜の6店舗を構える。

 今まで店舗が入っていたビルの手前に新しいビルの建設が決まり、店舗が隠れてしまうことから新ビルに移転した。店舗面積は20坪、セット面は6席、シャンプー台は2席。木のぬくもりと緑を生かした今までの内装から一転、「和モダン」をコンセプトにスタイリッシュな空間にリニューアル。以前より店舗面積が狭くなったため、駅前通りに面した広い窓を生かし解放感を演出する。カット席も少なくなったが、1人にかける時間を30分から1時間に伸ばし、ゆったりとした時間を提供している。

 シャンプールームは店舗の奥に配置し、ブラックの壁面に間接照明を用いてカット席のある空間とは雰囲気を変える。シャンプー台は、首の負担を軽減しリラックスできるものを導入。同店責任者の宮間タカヒトさんは「この空間は、リラックスしていただき『いびきをかかせる』のが目標」と笑う。

 タカヒトさんは、世界50カ国以上のスタイリスト、カラーリストが競い合う世界最大級のコンテスト「ウエラトレンドビジョン」2012年度で、日本全国1777人の中から30人が選ばれたエリアファイナリストの1人。昨年は4つの賞を受賞し、6月にもコンテストを控えている。「美容室が数多く出店している中、どう生き残るかが問われる時代。千葉県でコンテスト受賞を売りにしている美容室は少ない。今後もコンテストには力をいれていきたい」と話す。

 船橋店は昨年、船橋商工会議所内の実行委員会が主催する「お店グランプリ」も受賞。「誰よりも既存のお客さんが喜んでくれたことがうれしい」とタカヒトさん。「地域の人が美しくなり、地域にお金を落とすことができるいい循環に貢献できたら」とも。

 営業時間は10時~19時30分。火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク