ここから本文です

九産大がサヨナラボークで8強進出 大久保監督も「ビックリ」

6/7(水) 14:35配信

デイリースポーツ

 「全日本大学野球選手権・2回戦、九産大2-1四国学院大」(7日、神宮)

 九産大がサヨナラボークで四国学院大を下して、8強へ進出した。

 九回1死満塁。セットポジションに入ろうとした四国学院の先発・小久保気投手(4年・鹿児島玉龍)が、途中で動作をやめたため、ボークとなり決勝点が転がり込んだ。大久保哲也監督は「びっくりというか、よしっというか…。形はどうであれ、サヨナラ勝ちできたことはよかった」と苦笑いで振り返った。

 チームは年明けに、今大会での4強以上を目標に掲げた。八回から登板し、2回無失点だったプロ注目の右腕・草場亮太投手(4年・伊万里商)は「次投げるなら全力で行きたい」と言葉に力を込めた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 8:10