ここから本文です

同性カップルが手をつなぐ歩行者用信号登場、マドリードに

6/7(水) 16:22配信

ロイター

[マドリード 6日 ロイター] - スペインの首都マドリードで6日、性的少数者(LGBT)の権利促進イベントが今月下旬に開催されるのを前に、手をつなぐ同性カップルが表示される歩行者用信号が300個近く設置された。

世界各地で数年ごとに行われるLGBTのイベント「ワールド・プライド」は、今月23日から7月2日までマドリードで開催され、最大300万人がゲイコミュニティとして有名な「チュエカ」近辺を訪れると予想されている。

この歩行者用信号は、同性や異性のカップルが手をつないで道路を渡ったり、横断待ちで立っていたりする様子が表示される。

チュエカに住む33歳のマニュエルさんは「マドリードの多様性を示すもので素晴らしい。気に入っている」と話した。

スペインは2005年に同性婚を合法化し、世界で3番目の国になった。

最終更新:6/7(水) 16:26
ロイター