ここから本文です

博報堂、自分の時間楽しむ女性を「自分爆発レディ」と命名

6/7(水) 17:54配信

ITmedia ビジネスオンライン

 博報堂の新しい大人文化研究所は6月7日、生活者の意識レポートを発表。子育てを終了した40~60代の女性の意識は「これからは夫婦2人の時間を楽しみたい」よりも「これからは自分の時間を楽しみたい」が強く、社会現象や消費をけん引する「自分爆発レディ」と名付けたという。

【子育てを終えたあと、男女の意識にこんな差が】

 子育てを終えた40~60代の男女が思うことの1位は、男女ともに「ホッとしている」。2位以下は男女で異なる結果となり、男性は「夫婦2人の時間を楽しみたい」「自分の時間を楽しみたい」「1人の時間を楽しみたい」と続く。その一方、女性は「自分の時間を楽しみたい」「自分1人の時間を楽しみたい」「友人・仲間との時間を楽しみたい」と続き、「夫婦2人の時間を楽しみたい」は5位だった。

 博報堂は子育てを終えた女性たちが解放感を感じ、仲間や母娘での行動のみならず、「おひとり様」での行動も楽しんでいると分析。韓流やハンカチ王子(斎藤佑樹選手)などさまざまなブームを生み出すとともに、「母娘消費」「仲間消費」などで旅行消費をけん引しているとも指摘している。こうした社会現象や消費を生み出す女性層を博報堂は「自分爆発レディ」と名付けている。

 調査は3月17~19日にかけて、40~60代男女を対象に、930の回答を得た。