ここから本文です

JDI,有機EL開発JOLEDの子会社化を延期

6/7(水) 18:32配信

ロイター

[東京 7日 ロイター] - ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>は7日、有機ELディスプレーの開発会社、JOLED(ジェイオーレッド、東京都千代田区)の子会社化を延期すると発表した。

JOLEDが手掛ける印刷方式有機ELの事業化について検討の継続が必要としている。

今月下旬に最終契約し、12月下旬に子会社化を完了する予定だったが、今回、最終契約を来年6月下旬に延期し、最終契約の内容に従って子会社化の日程を決定するという。

JOLEDはソニー<6758.T>とパナソニック<6752.T>の有機ELディスプレーの開発部門を統合し、2015年1月に発足。JOLEDにはJDIの筆頭株主の産業革新機構が75%、JDIが15%出資している。

JDIによるJOLEDの子会社化は、昨年12月、JDIが革新機構から転換社債などで750億円を調達することの決定と併せて発表された。

ただ、JDIは17年3月期に3年連続の最終赤字を計上。機構からの資金調達とともに発表した中期経営計画(最終2021年度)の見直しに入っている。

(浜田健太郎)

最終更新:6/11(日) 8:00
ロイター