ここから本文です

【米GIベルモントS】エピカリス参戦に蛯名「挑戦することが大事」

6/7(水) 22:00配信

東スポWeb

【米GIベルモントS(日本時間11日7時37分発走予定=ベルモントパーク競馬場・ダート2400メートル)】米3冠競走の最終戦、GIベルモントSに日本馬エピカリス(牡3・萩原)がチャレンジする。経験者はどう見るか?

★2000年に米東海岸へ長期遠征し、ベルモントパーク競馬場でも勝ち星を挙げた蛯名正義騎手=「ベルモントパークは東京競馬場より大きいイメージでとても乗りやすい。(小回りの)アメリカの競馬場らしくないという感じはあるね。とにかくテンから飛ばして最後まで踏ん張れるかがポイントだから、ある程度は(先行して)行かないとダメ。3冠レースはアメリカ全土の馬が目指してくる。日本からポンッと行って勝てるほど甘くはないけど、出る以上はチャンスがあるのも競馬だからね。勝てるか勝てないか分からないことをやるから夢なんだ。挑戦することが大事」

★昨年ヌーヴォレコルトで米遠征し、GIIIレッドカーペットH(デルマー競馬場・芝2200メートル)を勝った斎藤誠調教師=「向こうは登録料も日本に比べて高額だし、輸送費の問題も含め遠征となると結構な出費。それだけに遠征する以上は結果も求められます。アメリカのダートは日本のサラサラしたものとは違い、締まった、どちらかというと粘土に近い。脚抜きが良くて路盤も硬いので、いわゆる日本のダート馬というより、芝でも通用するようなスピードがないと難しい」

最終更新:6/7(水) 22:16
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ