ここから本文です

アドビ、忌引休暇を最大4週間に 「愛する誰かを失ったときの負担を軽くするため」

6/7(水) 18:11配信

ITmedia NEWS

 アドビシステムズは6月7日、近親者が死亡した場合の忌引休暇を最大4週間に拡充したと発表した。近親者が亡くなった場合、従業員は最大4週間の有給休暇を取得できる。

【アドビの福利厚生】

 新制度は5月1日から適用。「愛する誰かを失ったときの、感情面、経済面そして生活面での負担を軽くするため」に、グローバルポリシーの変更を行ったという。

 日本法人の人事部長であるキム・ブロンスタイン(Kim Bronstein)さんは「家族と過ごす時間はかけがえのないもの。だからこそ、自身と家族をケアするためのリソースを従業員に活用してほしい」としている。

最終更新:6/7(水) 18:11
ITmedia NEWS