ここから本文です

コナミ、マラドーナ選手とライセンス契約 「ウイイレに無許可で登場」めぐり

6/7(水) 19:03配信

ITmedia NEWS

 コナミデジタルエンタテインメントは6月7日、サッカー選手のディエゴ・マラドーナさんと2020年までのライセンス契約を結んだと発表した。マラドーナさんは今年4月、無許可で自身をゲームに登場させていると同社に主張し、意見が対立していた。

【画像】マラドーナ選手が登場していた

 今後は、プレイステーション 4向けゲームソフト「ウイニングイレブン」、スマートフォンゲーム「ワールドサッカーコレクションS」など、「コナミのサッカーゲームのさまざまなシーンで活躍してもらう予定」(同社)という。

 マラドーナさんは今年4月、自身のFacebookページで、コナミがサッカーゲーム「ウイニングイレブン2017」で本人の許可なくマラドーナさんを登場させていると指摘。法的措置を取るとコメントしていた。これに対し、コナミは「ライセンス元との契約内において、適切に使用しております」と反論。意見が食い違っていた。

最終更新:6/7(水) 19:03
ITmedia NEWS