ここから本文です

【大学選手権】立大が富士大に逆転勝ちし、59年ぶり白星で8強

6/7(水) 15:17配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第66回全日本大学野球選手権 第3日 ▽2回戦 立大6―2富士大(7日・東京D)

 51年ぶり出場の立大(東京六大学)が5年連続出場の富士大(北東北大学)を逆転で下し8強入りした。

 6回まで富士大・加藤弦(4年)=八重山商工=の前にわずか2安打に抑えられていた打線が7回に反撃。無死一塁から大東孝輔(4年)=長良=の右中間2ランで同点に追いつくと、1死満塁で、飯迫恵士(3年)=神戸国際大付=の押し出し死球で勝ち越し。続く笠松悠哉(4年)=大阪桐蔭=の左翼線2点二塁打で突き放すなど、打者12人の猛攻で6点を奪った。

 投げては左腕・田中誠也(2年)=大阪桐蔭=が5安打2失点完投した。

 5度目の出場の立大は過去4度出場で3度優勝。前回出場の1966年の第15回大会は初戦で敗れており、2連覇した1958年の第7回大会以来、59年ぶりの白星となった。

最終更新:6/7(水) 15:17
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 10:30