ここから本文です

ロッテ・伊東監督、今季5度目の4連敗にお手上げ「また、打てなくなってきた」

6/7(水) 22:53配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ2-4中日」(7日、ZOZOマリンスタジアム)

 6日に続き、わずか4安打で今季5度目の4連敗。伊東監督はお手上げのポースを取るしかなかった。

 「何もない…言うことないわ。また、ちょっと打てなくなってきた。打てないのはしょうがない…」

 交流戦に入って立て直すはずの青写真が完全に狂った。8戦して2勝6敗。立て直すどころか、ますます泥沼にはまっている。

 先発のチェンが三回、藤井に1発を浴びた。悪い癖が出て、続く平田に四球を与え、1死後に京田へも四球で一、二塁。ここをなんとかしのいで、1点で乗り切った。

 四回、伊志嶺の安打から2死二塁。幸運の風が吹いた。ダフィーの平凡な飛球を大島がグラブに当てて落球。同点とした。

 なお、1点を追った六回だ。荻野が投前にセーフティバントを成功させると、大野が間に合わない一塁に悪送球して、荻野はまんまと二進した。

 1死後、清田が右翼へ抜けそうなゴロを放つと、荒木がダイビングキャッチ。これを見た荻野が判断良く本塁に突入して、再び同点とした。

 だが、ここまでだった。大野が七回まで踏ん張り、八回は伊藤に抑えられ、最後は田島に締められた。

 逆にロッテは七回に3番手・有吉が平田への死球から1死一、三塁のピンチを招いて、荒木に決勝の左適時打を浴びた。八回にも鈴木の失策が飛び出すなどして1点を失った。

 伊東監督はこの夜の2得点を、「粘ったと言えば粘ったが。相手のミスがあったし、勝ち越せない。いま、精いっぱいだ。投手陣は頑張ってくれたのに」と静かに振り返った。

 どうしても、沈滞ムードが漂う。

 「なんとか爆発してくれる人が出てこないと、選手が沈んでくると思いますから。また、選手に入れ替えてやっていきます」

 前日の6日、元楽天のウィリー・モー・ペーニャ選手の獲得を発表した。早ければ今週末にも来日予定だ。

 待ちに待った日本球界4年間で71本塁打の大砲候補だ。

 指揮官が、「なんとか爆発してくれる人」とは果たしてペーニャのことなのか?それとも?

 いまはただ、この沈滞ムードを吹き払う打者の出現が、「ノドから手」の伊東ロッテである。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/29(土) 5:30