ここから本文です

愛称「スクーター」レッズ・ジェネットが1試合4発10打点!

6/7(水) 17:19配信

スポーツ報知

◆レッズ13―1カージナルス(6日・シンシナティ)

 レッズのスクーター・ジェネット内野手(27)が6日(日本時間7日)、本拠地で行われたカージナルス戦でメジャー史上17人目の1試合4本塁打を含む5安打10打点の大活躍を見せた。

 カ軍のエース右腕・ウェインライトから初回に左前タイムリーを放つと3回、満塁のチャンスで右中間スタンドに自身2本目となるグランドスラムをたたき込むと、一気に波に乗った。4回に中越え2ラン、6回に左翼へ左越えソロ。地元ファンの大歓声に迎えられて打席に立った8回には再び右中間スタンドへ2ランをたたき込んで、歴史のあるレッズで誰も達成しなかった1試合4発の大記録を打ち立てた。満塁込みでは1993年のカージナルスのマーク・ウィッテンに次いで2人目だ。

 ナインから祝福のミネラルウォーターを頭からかけられユニホームを脱いだジェネットは「本当に信じられない。自分は小さい(178センチ)から、こんな事が出来ると思っていなかった」と喜びを素直に表現した。ブライアン・プライス監督も「信じられない。彼はパワーはあるが4本塁打も打つなんて、誰も思わないよ」とうれしい誤算に笑いが止まらない。

 ジェネットは昨季ブルワーズで14本塁打を放った二塁手だったが、3月末に戦力外通告を受けた。その直後に、キャンプで名二塁手ブランドン・フィリップスをブレーブスに放出していたレッズがウエーバーで獲得。生まれ故郷のシンシナティでの大爆発となった。

 2009年、ドラフト496位(ブルワーズ16巡目)でプロ入りした小兵選手。本名はライアン・ジョセフ・ジェネットだが、5歳の時にキャラクター人形で知られる「Scooter」(スクーター)から付けられたニックネームが登録名になった変わり種。

 最近、39試合本塁打0が続き、21打数1安打と不振だったが、この日は4打数連続本塁打で試合を終えた。それだけに過去、誰もやっていない5連発の期待がかかる7日のカージナルス戦は全米の注目を集めそうだ。

最終更新:6/7(水) 17:22
スポーツ報知