ここから本文です

香川は「左肩関節前方脱臼」 試合後に病院直行で診断

6/8(木) 0:50配信

デイリースポーツ

 「サッカー・国際親善試合、日本1-1シリア」(7日、味の素スタジアム)

 MF香川真司(ドルトムント)が試合中に相手選手と交錯し左肩を負傷し、試合後、病院へ向かい「左肩関節前方脱臼」と診断された。

【写真】本田がインサイドハーフに!新オプション披露

 前半7分、タッチライン付近でMFマワスとボールを奪い合った際にもつれて転倒。直後に、苦痛で顔をゆがめた。しばらく立ち上がれず、スタッフの到着後ピッチ外へ。そのまま同10分にMF倉田秋との交代を余儀なくされた。

 試合後、日本協会関係者から、香川が病院へ向かったことが明かされた。ハリルホジッチ監督は「真司に関しては少し心配しています。(山口)蛍も打撲を受けています。明日、移動がありますが、次のゲームへまだ分からないことがあります」と顔を曇らせた。