ここから本文です

【G大阪】18日のJ3G大阪U―23VS盛岡戦からオフィシャルフラッグに限り掲出可能に

6/7(水) 19:13配信

スポーツ報知

 J1のG大阪は7日、18日のJ3のG大阪U―23・盛岡戦(万博)から、オフィシャルフラッグ(G大阪がグッズとして販売、配布しているフラッグ)に限り、試験的に掲出を解除すると発表した。

 フラッグが販売された時期については制限がない。竿を抜いて旗部分のみの掲出や加工したもの(オフィシャルフラッグを複数枚縫い合わせたり、竿を変更したものなど)、フラッグにサインなど加筆したものは禁止で、オフィシャルフラッグ以外の掲出物は引き続き禁止になる。

 4月16日のC大阪戦(ヤンマー)でサポーターがナチス親衛隊「SS」のマークを連想させる応援旗を掲げたため、クラブ側は同21日の大宮戦から全公式戦で横断幕や旗の掲出を禁止していた。また、この問題で5月11日にJリーグからけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金200万円を科された。

 再発防止に向けて、G大阪はサポーターと応援のあり方についてのプロジェクトチームを立ち上げ、応援に対するコンセプトを検討、共有し、新たな応援スタイルをサポーターとともに作り上げていくことを決定。プロジェクトチームは5月27日に第1回目のミーティングを開催し、応援綱領をもとに応援のあり方を決定していく。

最終更新:6/7(水) 19:26
スポーツ報知