ここから本文です

海老蔵「在宅医療は大変。緊張感があります」

6/7(水) 19:58配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が7日、都内で理想の父親に贈られる「2017年度ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を「学術・文化部門」で受賞し、授賞式に出席した。

 壇上では笑顔を見せ「(子育ては)比較的自由にやるようにしています。出来る限り私には似て欲しくないですね」と笑わせた。長男・勸玄くん(4)が歌舞伎の化粧を自ら施していることも明かし「昨日はせがれが油性のマジックで化粧をして寝ちゃいまして、お風呂場でも落とせなくて、幼稚園にそのまま行きました。娘(麗禾ちゃん=5)はしっかりしてまして、親が大変な時はバックアップに回る律義な娘に育ってます」と父親の顔を見せた。

 妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)のがんを公表してから1年がたつが「一生懸命、家族一丸になって、1日1日を大切に過ごしています」と振り返った。麻央さんが入院先から自宅に戻ったことについて「うれしい」と喜びつつ「在宅医療は大変。いざ何かあった時のために、準備するのも家族の責任なので。緊張感があります。家でも緊張、舞台でも緊張、今(会見)も緊張…リラックスする時間がない」と冗談交じりに現状を語った。

 芸能部門ははなわ(40)、スポーツ部門はサッカー元日本代表FWの大久保嘉人(34=F東京)が受賞した。

最終更新:6/8(木) 9:04
スポーツ報知