ここから本文です

野々村真、自宅前で大事故に遭った小学校の同級生との“再会”に感謝

6/7(水) 20:21配信

スポーツ報知

 タレントの野々村真(52)が、7日放送のテレビ朝日系「あいつ今何してる?」(水曜・後7時)に出演。実家の前で大事故に遭ったという小学生時代の同級生・市田亨さん(52)との“再会”に感謝した。

 野々村は小学生時代、一緒に下校していた市田さんが実家の青果店前の横断歩道で、交通事故に遭ったことを思い返し「友達と野球をしに行ってしまい、一緒に帰る約束をすっぽかした。その日に、市田君が交通事故にあった。母親にも一緒に帰ってこなかったことを怒られ、責任を感じていた。今でも実家に帰るとその事故のことが気になる」と市田さんとの再会を願った。

 市田さんは、現在フランスのパリ在住。帰国の予定はないということが分かり、スタッフがパリへ向かった。

 市田さんは、5年生時の大事故について「(交通事故で)真くんのお母さんが飛び出してきてくれた。全身15か所骨折し、7回の手術で2年近く入院しました」と事故を振り返り、「それまで、ぼーとしていたが、頑張らないとまずいと気がついた。ある意味で、前向きになれた」と心境の変化を明るく話した。

 また、中学卒業後は、通える学校が近くになかったために大検を取得。父親が通っていた武蔵野美術大学に入学した。しかし、大学時のパリ旅行がきっかけで、そのままパリに滞在。大学を中退しフランス語を学び、パリを拠点に仕事を展開してきたという。現在はデザイン、プログラミングなどの仕事をしている。

 野々村のエピソードVTRを振り返った市田さんは「一緒に帰る約束はなかった。大丈夫そんなこと気にしなくても」と野々村を気遣った。「(彼の家の前で)交通事故にあってしまったのですごく、気にさせてしまった。真くんのせいとかではない。真くん、思い出してくれてありがとう。わざわざフランスまで取材に来てくれて。色んなことがあったけど穏やかに幸せに暮らしています。もしパリに来ることがあったら声を掛けて下さい」と野々村へメッセージを送った。

 野々村は「すごいいいやつ。頑張っている姿を見てほっとした」。番組に感謝し、旧友と再会できる日を夢見ていた。

最終更新:6/7(水) 20:34
スポーツ報知