ここから本文です

後半から本田投入も3分後に先制許す…親善試合シリア戦

6/7(水) 20:46配信

スポーツ報知

 ◆キリンチャレンジカップ2017 日本―シリア(7日・東京スタジアム)

 前半7本のシュートを放つも得点を決められなかった日本代表は、後半から久保に代わって本田が出場。しかし後半3分、マルドキアンに先制ゴールを許した。

 右ショートコーナーからの流れで、ジェニアトがゴール前でフリーだったマルドキアンにクロス。昌子、吉田がフォローしたが、頭で押し込まれた。

 日本代表は同8分、山口に代わって井手口が代表初出場した。

最終更新:6/7(水) 21:23
スポーツ報知