ここから本文です

平野ノラ、中学時代にされた“告白”の新事実発覚に激怒!?

6/7(水) 22:08配信

スポーツ報知

 お笑いタレントの平野ノラ(38)が7日に放送されたテレビ朝日系バラエティー番組「あいつ今何してる?」(水曜・後7時)に出演。中学時代に“告白”されたという同級生がVTRで登場し、23年越しに“告白”の新事実が明かされた。

 東京・葛飾区出身の平野は、小学生からバレーを始め、バレーボールが強かった同区金町中学校で活躍。バレーボールの推薦で東京・修徳高校に進学した。いずれもキャプテンをつとめるなど、バレーボール一筋の青春時代を過ごしていた。

 そんな平野は中学1年のころ、同級生の「植田くん」から「告白されたわ。ふと告白してきて…」と思い出を語った。当時、のちに彼氏になる「石毛くん」について相談しようと、石毛くんの友人である植田くんと「好きな人いる?」という話をしていたところ、突然「俺の好きな人、分かんないの? 目の前にいるじゃん」と言われた。しかし、告白されることが苦手だった平野は引いてしまい、その場から走り去ったという。

 ともにバレーボール部に所属していた、ちょっとチャラくてイケメンだった「植田くん」は今…。調査の結果、今は3児の父となり、フリーランスのフォトグラファーとして静岡にいることが分かった。お笑い芸人のDVDのパッケージ写真を撮影したこともあり、意外なニアミスも判明する。そんな「植田くん」と金町中の同級生2人に、平野が語っているエピソードVTRを見てもらったところ…。

 告白されたというエピソードを「知らない」という同級生2人。植田くん自身も「2人でしゃべった記憶がない」と“告白”の事実を否定。その様子をVTRで見た平野は思わず「消しただろ、今。消したよね記憶!」と激怒。しかし、植田くんが「あの頃は、イタズラが当たり前で…」と言い始めると、ついには画面に「告白したのは冗談だった」のテロップが流された。

 “告白”が冗談にされてしまった平野は、開き直ったように「それでいいです、もう!」と言い放ったが、最後はしっかり「ごめん、ごめん、2人だけの秘密だったね!」とカメラ目線で言い、バブリーな“イイ女風”に決めていた。

最終更新:6/7(水) 22:08
スポーツ報知