ここから本文です

【全仏テニス】日本人84年ぶり4強目指す錦織、マリー戦に備えセンターコートで練習

6/7(水) 21:10配信

スポーツ報知

◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン(7日、パリ・ローランギャロス)

 男子シングルス第8シードで世界ランキング9位の錦織圭(27)=日清食品=は、午後4時(日本時間午後11時)前後から、準々決勝でアンディー・マリー(30)=英国=と対決する。1933年の佐藤次郎以来84年ぶりとなる、全仏4強を目指す。

 この日は午後1時過ぎから、試合を行うセンターコートで40分ほど練習した。今大会では初めて立つコートで感覚を確認。4回戦の前の練習と比べると、サーブは力がこもっていた。カギとなるリターンの練習を入念に行った。

 A・マリーとは11度目の対戦で、過去2勝8敗。4大大会では昨年の全米オープン準々決勝で対戦し、3時間58分に及ぶフルセットの熱闘で勝利している。

最終更新:6/7(水) 21:29
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ