ここから本文です

【日本ハム】斎藤、4回途中5失点KO バティスタの逆転2ランに「僕のボールでは勝負にならなかった」

6/7(水) 22:50配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム3―8広島(7日・札幌ドーム)

 日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が7日、広島戦(札幌D)に先発し4回途中8安打5失点で降板し2敗目を喫した。チームは今季3度目の4連敗で借金は10。

【写真】斎藤から逆転2ランを放った広島・バティスタ

 初回は先頭の田中、丸を連続で遊ゴロに打ち取るなど無失点で立ち上がった。しかし、1点を先取してもらった直後の2回、先頭の安部に中堅フェンス最上部に直撃する三塁打。その後何とか、2死までこぎつけたが、バティスタに甘く入ったフォークを左翼席に運ばれ逆転を許した。この場面を振り返り「力負けしました。気持ちよく打たせてしまいました。(体を)前に出す、踏み込みづらくするといったことが出来なかった。一塁が空いていたので、厳しいところを突いて歩かせてもよかった。僕のボールでは勝負にならなかった」と完敗を認めた。

 3回に4連打でさらに1点を失うと、4回、松山に中前安打、バティスタに左越え二塁打を許したところで降板。2番手・エスコバーも止められず、斎藤の出した走者を全てかえしてしまった。この日は変化球が高めに入り、強力広島打線の餌食となり「中継ぎ陣に負担をかけて申し訳ないです。自分自身がもっと成長していかないといけない。打者が嫌がる投球をしていかないといけない。反省して努力したい」と振り返った。

 斎藤は先月31日のDeNA戦(札幌D)で6回途中1失点で623日ぶりの1軍勝利を挙げていたが、連勝はならなかった。

最終更新:6/7(水) 23:44
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報