ここから本文です

今田耕司&東野幸治が明かす“吉本タブー” 伝説の「電磁波クラブ」が復活?

6/8(木) 18:00配信

オリコン

 お笑いタレントの今田耕司と東野幸治がMCを務める、Amazonプライム・ビデオの新作バラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』が、あす9日から配信がスタートする。Amazonプライム・ビデオで初となる “Wコージ”の冠番組に、東野は「すでに数回収録しましたが、いろいろな制約を取っ払って、お金もかかっていて、これからも楽しい番組になりそうだなっていう感じですね」と声を弾ませた。

【番組カット】Wコージが新作バラエティーでタブーに挑戦!

 番組名の「カリギュラ」とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”を指す。番組ではMCの2人が、今の時代に実現しにくくなった企画を実施し、芸人たちの親をターゲットにオレオレ詐欺ドッキリを仕掛ける「うちの親は大丈夫!母ちゃんオレオレ詐欺選手権」や、狩猟にスポットを当てるために東野が体当たりで挑んだ「東野、鹿を狩る」などが放送される。

 「鹿を狩る」は東野発案の企画だといい「めっちゃ楽しかったですよ。次は、イノシシいったろうと思います。そんなこともなかなか地上波ではやらせてもらえないので…」と充実した表情。今後の予定について、今田が「トークコーナーとかもやりたくて、呼んで話したい後輩もいますけど、ちょっと会えないんですよ」と切り出すと、東野も「逆に何か『こんなゲストを呼んでもらいたい』っていう人がいれば、教えてください」と呼びかけた。

 番組の内容にちなみ、事務所内でのタブーについて話題が及ぶと、今田が「よしもとのタブーは、お互いの給料を言い合わない。お酒を飲んで話していても、フワッとなります。やっぱり100年の歴史なので、そこら辺がしっかりしているんですよ」と告白。東野が「(明石家)さんまさんとかダウンタウンさんが辞めていないことを考えると、夢がありますよね」と事務所の内情に期待すると、今田も「70代の師匠方が本当に幸せそう。みなさん『会社、ありがたいわー』って言っていますから」と笑顔で明かした。

 2人といえば、90年代に大人気だったフジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコント「放課後電磁波クラブ」で一世を風靡(ふうび)した。同番組での“復活”を期待する声に今田は「代表作ですからね。こっちでやるとなると、あれ以上露出するのもね…」とニヤリ。「あれはセットも必要ないですからね。ドローンで撮ってもらうとか、いろいろありますよね」と構想を練ると、東野も「そういった地上波ではできないコントもあるなと思うので、考えていきたいですね」と前向きな様子だった。

最終更新:6/8(木) 18:00
オリコン