ここから本文です

佐藤大樹×増田俊樹らが挑む、”逆2.5次元”舞台「錆色のアーマ」が開幕

6/8(木) 23:46配信

オリコン

 EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と声優の増田俊樹がW主演を務める舞台「錆色のアーマ」が8日、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。それに先駆けて公開ゲネプロが行われ、佐藤と増田が囲み取材に出席し、本番への意気込みを語った。

【写真】舞台「錆色のアーマ」ゲネプロの模様

 本作は、戦乱の世を舞台に「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を備え天下統一の夢を見た男たちが、企て、惹かれ、裏切り、葛藤していくそれぞれの生き様を描く、史実に基づいた完全オリジナルストーリー。漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”の流れとは逆に、まず舞台版から始まり、そこからアニメなどのメディアミックス展開を図っていくという、“逆2.5次元”とでもいうべき前代未聞のプロジェクトである。

 今作で、舞台初主演を果たす佐藤は「ここまで本当に最高のスタッフ、キャストのみなさんと力を合わせてゼロから作ってきた舞台なので、早くお客様に観て欲しいという気持ちでいっぱいです」と本番が待ちきれない様子。増田も「本当に頼れる仲間たちと1ヶ月間稽古に励んできて、すごく素晴らしい舞台ができているなという自負はあります」と自信をのぞかせ、「座長(佐藤)がしっかりと前を向いて歩いているので、僕もその背中を追うように、そ僕も共に前を歩きたいと思います」と意気込む。

 芝居、殺陣、歌、ダンスと見どころたっぷりの本作について、佐藤は「織田信長(増田)と顕如(輝馬)の二人の歌が個人的に大好き。声もいいし、歌も上手いし、存在感にも華があって、これは負けてられないな!と思いました」と増田らの歌唱シーンについて、想いを打ち明ける。一方の増田も「雑賀衆もいいんですよ。7人でのチーム感というか、個ではなくて、グループで作る存在感というのは、雑賀が一番持っている」と雑賀衆を称賛。

 それぞれが携える個性豊かな武器も見どころの本作。佐藤は「男の子の本能として、こういう武器とかを持つとすごくテンションが上がります」と笑顔を見せ、「舞台のタイトルにもあるアーマは、キャラクターそれぞれすごくこだわっているので、そこに注目してほしい」とアピール。増田は「僕の武器は刀かな~と楽しみにしていたら、剥き身の刀を渡された」と明かしつつ、「でも、稽古で作ってきた織田信長という人物に対して、“鞘に納まらない”というのは、腑に落ちる部分がありました。そういった意味では、こういうオリジナルの刀を作っていただいて、嬉しかったです」と語った。

 舞台「錆色のアーマ」は、6月8日(木)~18日まで、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。その後、大阪公演が6月22日(木)~25日(日)まで森ノ宮ピロティホールにて上演される。

最終更新:6/12(月) 17:17
オリコン