ここから本文です

大輪のヒマワリ咲いて 大熊で種まき

6/7(水) 10:41配信

福島民報

 福島県内の復興支援に取り組む沖縄県の団体「福島・沖縄絆プロジェクト」から大熊町に贈られたヒマワリの種まきは6日、大熊町の復興拠点・大川原地区の畑で行われた。 
 同プロジェクトは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、県内の支援と交流を目的に、毎年沖縄で栽培して冬に咲かせた種を届けている。作業には町農業委員や町社会福祉協議会の職員、ボランティアの町民ら約40人が参加し、約50アールの畑に手作業で種を植えた。 
 根本友子町農業委員会長(69)は「ヒマワリを咲かせる運動を通じて沖縄と福島の交流が活性化している。今年も大輪の花を咲かせてほしい」と話した。種まきしたヒマワリは7月後半に花が咲く見通し。収穫した種は同プロジェクトに贈る。 

福島民報社

最終更新:6/7(水) 10:59
福島民報