ここから本文です

【GOLF】メジャーへ向けての最終調整 日本からは岩田寛が出場

6/7(水) 10:52配信

ISM

 米男子ツアーのフェデックス・セントジュード・クラシックが現地時間8日、テネシー州のTPCサウスウインドを舞台に開幕。全米オープン(現地時間15日/ウィスコンシン州エリンヒルズ)へ向けての最終調整ともいえる今大会を制するのは?

 昨季はダニエル・バーガー(米)が最終日トータル5バーディ、2ボギーの3アンダー67で回り、通算13アンダーでツアー初優勝を飾った。それ以来優勝からは遠ざかっているが、今季WGC-HSBCチャンピオンズでは2位タイに入るなど大会連覇を成し遂げる力は十分にある。

 3打差2位タイに終わったフィル・ミケルソン(米)は今季14試合に出場して予選落ちは一度もなく、優勝こそはないものの安定した成績を残している。また、同じく2位タイとなったブルックス・ケプカ(米)も上位進出を狙う。なお、ミケルソンは娘の卒業式に出席するため、全米オープンを欠場する。

 日本からは岩田寛が出場。今季は6試合に出場して予選通過は2回、出場機会が限られているだけに今大会で好成績を残したいところ。その他、アダム・スコット(米)、リッキー・ファウラー(米)、ジム・フューリック(米)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)、アーニー・エルス(南ア)らが参戦する。

最終更新:6/8(木) 13:29
ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ