ここから本文です

黒猫チェルシー、ツアー完遂「もっともっと面白いバンドになれるって確信できました」

6/7(水) 20:45配信

BARKS

黒猫チェルシーが全国ツアーのファイナル公演を2017年6月4日に東京キネマ倶楽部にて開催し、2カ月にわたるツアーを完走した。

◆黒猫チェルシー 画像

自身4年4カ月ぶりとなるフルアルバム『LIFE IS A MIRACLE』を2017年2月22日にリリースし、同作を引っ提げて全国10箇所をまわった黒猫チェルシー。会場が暗転しメンバーが登場すると、ドラムのカウントをきっかけに「スター・トレイン」からライブがスタート。アルバムに収録されたダンスナンバーと、過去の代表曲「アナグラ」を混ぜ合わせ加速度的に会場の温度を上げていく。NHK連続テレビ小説“まれ”でおなじみの「涙のふたり」、「グッバイ」はオーディエンスを巻き込んでの大合唱となった。

MCでは渡辺大知が「俺っていま何をしてて、何ができるんやろって本当に悩んだ時期もありました。でもこのアルバムを出せて、俺らってまだまだカッコいい事できる、もっともっと面白いバンドになれるって確信できました。」と、バンドに対する思いを語った。

本編最後には「俺らの、あなたたちの、みんなの為の曲が出来ました」と語り、彼らの原点でもある神戸の街を連想させる「海沿いの街」を披露してライブを締めくくった。

黒猫チェルシーはツアー中に結成10周年を迎え、今夏は様々な対バンイベントに出演するほか北海道<JOIN ALIVE>への出演も決定している。

セットリスト<黒猫チェルシー TOUR 2017「LIVE IS A MIRACLE」>
2017年6月4日(日)東京キネマ倶楽部公演
SE.
1.スター・トレイン
2.Dark Night, Spot Light
3.アナグラ
4.恋するハイウェイ
5.涙のふたり
6.グッバイ 
7.抱きしめさせて
8.ベイビーユー
9.ブルーサマー
10.廃人のロックンロール
11.飲みに行こう
12.情熱のDancin’
13.ロックバラード
14.LIFE IS A MIRACLE
15.黒い奴ら
16.青のララバイ
17.ベリーゲリーギャング
18.海沿いの街
EN1.また会おう
EN2.恋はPEACH PUNK
EN3.東京

最終更新:6/7(水) 20:45
BARKS