ここから本文です

元気いっぱい! かわいい赤ちゃん誕生 ビーバー、ラマ 長崎バイオパーク

6/7(水) 9:58配信

長崎新聞

 長崎県西海市西彼町の長崎バイオパークで、アメリカビーバーとラマの赤ちゃんが誕生し、かわいらしい姿が来場者を和ませている。

 アメリカビーバーの赤ちゃんは、3年連続で双子。5月16日に生まれた。名前はキキとララで、性別は今の時点では不明。生まれた当時の体長は約15センチで、現在は20センチほどに成長した。両親やきょうだいに見守られながら、元気いっぱいに育っている。

 ラマの赤ちゃん1頭は、5月26日に誕生。雌で名前はクララ。体高約70センチで、生まれた直後から立ち上がり、すでに展示場を歩き回っている。人懐っこい性格で、間近で見て楽しむことができる。

 飼育担当者は「赤ちゃんのかわいい姿に癒やされてほしい」と来場を呼び掛けている。

長崎新聞社

最終更新:6/7(水) 10:24
長崎新聞