ここから本文です

インプレッサの派生車というレッテル返上へ。スバル「XV」の個性

6/7(水) 7:23配信

ニュースイッチ

開発者が語る「ターゲット層は日々の生活をアクティブに過ごしたい人全般」

<商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー 井上正彦氏>

 2012年の発売以来初の全面改良。衝突安全性と走行性能を底上げした新車台「スバルグローバルプラットフォーム」採用の最初のスポーツ多目的車(SUV)だ。コンセプトは「ファンアドベンチャー」。街の中での使いやすさと旅行やスポーツなどレジャーシーンでの走行も楽しめる本格SUVの機能を両立させた。

 ターゲット層は日々の生活をアクティブに過ごしたい人全般。現状は都会で車を利用することが多いが「いつかはアウトドアを楽しみたい」と潜在的に考えている方の獲得も狙いたい。

 新型は排気量2000ccのモデルに加え、新たに排気量1600ccのモデルを追加した。エントリー層が購入しやすい価格帯の設定により、顧客のすそ野を広げていきたい。

 新型は日常での使い勝手を考慮し、後席にゆとりをもたせるなど室内空間を十分に確保しながら、先代と同じ全高1550ミリメートルを維持。狭い場所の走行や機械式立体駐車場の利用を可能にした。

 一方、本格SUVの機能を持たせるため「フォレスター」にも導入している電子制御システム「X―MODE(エックスモード)」を新採用。

 雪道や泥のぬかるみといった滑りやすい悪路でエックスモードを起動すれば、車体が地面をとらえ、より安全に走行できる。荷室はゴルフバッグを三つ詰めるスペースを確保しつつ、荷物が積み上がってもドライバーの後方視界を妨げない工夫をした。

 XVはスバル車の中でデザインが支持されている車種でもある。特に先代で好評だったアルミホイールのデザインにこだわり、地面を突き刺すアンカーをモチーフにした。手裏剣のような形で人の目を引くインパクトのある仕上がりになった。

 当社はSUV分野で「レガシィアウトバック」、フォレスター、XVを展開しているが、XVはこれまでインプレッサの派生車という位置づけで、特に国内での存在感が薄かった。新型ではこれを打破し「スバルの国内最量販SUVに育てたい」という強い思いで開発に臨んだ。

 今後はアウトバックは上級路線、フォレスターは本格SUV、XVはスポーツ&カジュアルといったように、各SUVモデルの個性を際立たせる商品戦略を追求し需要を取り込んでいきたい。

<記者の目>

 国内SUV市場をみると小型SUVが販売を伸ばしており、スバルは今後フォレスターに代わりXVがSUVの最量販車種になると踏んでいる。今回排気量1600ccモデルを追加するなど新規顧客に向けた新戦略も打ち出した。ホンダ「ヴェゼル」など競合車の中で、XVがどこまで存在感を強めていくのか注目したい。
(日刊工業新聞第一産業部・下氏香菜子)