ここから本文です

宇部に県内初のフクロウカフェ

6/7(水) 14:11配信

宇部日報

起業塾修了の女性、10日オープン

 宇部商工会議所(安部研一会頭)の創業支援塾(起業塾)の卒塾生、赤石泰子さん(61)が、宇部市中央町2丁目のルナーレ1階に「フクロウカフェ アウルの城」を開店する。フクロウカフェは県内初の試みで、「生まれ育った宇部の中心市街地の活性化に少しでも寄与できれば」と意気込んでいる。

 開業までにはさまざまな苦労があった。県内に前例がなかったことから、保健所の許可がなかなか下りなかった。最終的には愛玩動物飼育管理士の資格取得が条件となり、今年2月の試験で合格。開業にGOサインが出た。カフェは、衛生面を考えて食事スペースとガラス張りのフクロウとの触れ合いスペースに分かれる。触れ合いスペースは最大10人が入ることができ、最長1時間、フクロウを肩に乗せるなどして触れ合うことが可能。スペースへの出入りには、手洗いとアルコール消毒を義務付けている。

 スペースには、オオスズメフクロウ、メンフクロウ、ユーラシアワシミミズク、マレーワシミミズク、メガネフクロウの5種7羽が放される。特にマレーワシミミズクは日本では珍しい品種だという。グランドオープンは10日午前11時。赤石さんは「愛らしいしぐさに癒やされて」と話す。フクロウとの触れ合いは事前予約を勧めている。問い合わせは同店(電話38-8688)へ。

最終更新:6/7(水) 14:11
宇部日報