ここから本文です

全国選抜チンドンコンクール 時津の「かわち家」連覇 小気味よい演奏 軽妙な口上披露

6/7(水) 9:59配信

長崎新聞

 ちんどん屋「かわち家」(河内隆太郎代表、長崎県西彼時津町)が5月28日、愛知県一宮市であった「第51回全国選抜チンドンコンクール」(萩原チンドンまつり実行委主催)で最高賞の同県知事賞を獲得し、連覇を果たした。

 全国20組が競った。今回出場した、かわち家メンバーは嶋田琴子さん、林田大生(ひろき)さん、重留夏帆さん。事前に主催者側から指定された宣伝対象は「一宮法人会」。和装の3人はかねと太鼓、サックスで民謡「諫早のんのこ節」などを小気味よく奏で、「法人会に入らんかい」「ますますご繁盛」などと口上を述べ、観衆を引き付けた。

 嶋田さんは「集客や宣伝の力をもっと伸ばし、地域に愛され、頼られるようになりたい」と話した。

長崎新聞社

最終更新:6/7(水) 10:03
長崎新聞