ここから本文です

「たたら侍」打ち切り 野辺地町民がっかり 劇中に町所有復元船

6/7(水) 11:50配信

デーリー東北新聞社

 覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕、送検された俳優橋爪遼容疑者(30)が出演し、全国で上映中の映画「たたら侍」の製作委員会は5日、事件を受けて、近く上映を終了すると公式ウェブサイトで発表した。「たたら侍」には、青森県野辺地町が所有する復元北前船「みちのく丸」が登場していた。突然の上映終了となった事態に、町民からは「野辺地が関係する映画なので、見てもらえなくなるのは悲しい」など残念がる声が相次いだ。

 みちのく丸の登場シーンは2015年8月末、船を保管している青森市内で撮影を実施。主演の青柳翔さんが訪れ、船を沖合に浮かべて主人公の旅立ちの場面などを撮影していた。

 若者に支持されている人気グループのメンバーがプロデュース、出演する映画とあって、町民から「みちのく丸と野辺地のPRになる」「若い女性にも見てもらえるかも」と期待を集めていた。町役場や町内の観光施設といった目立つ場所に映画のポスターが多数貼られ、“熱心な”PRが繰り広げられていた。

 撮影現場にも足を運び、スタッフを激励した中谷純逸町長も、映画の波及効果に期待を寄せていた一人。上映打ち切りの知らせを受け、「寝耳に水の話で驚いた。以前から町内での劇場外上映も打診していたので、これからどうなるか心配だ」と戸惑いの様子。

 今回の事態は、みちのく丸関連の企画にも影響を及ぼしている。町は今月22~25日の日程で、青森市内での映画鑑賞とみちのく丸見学をセットにしたツアーを計画。1日から募集を開始したばかりだが、6日現在で25人の応募があった。

 ツアーを企画した町地域戦略課は、上映が近く終了するのを受け、急きょ日程を変更。映画鑑賞のみのツアーを8日に繰り上げた。7日午後3時までに町役場に申し込めば参加できる。22日からのツアーは、映画鑑賞を省いて実施する。

 同課の橋本邦夫課長は「急な日程変更で迷惑を掛けてしまった。多くの人に見てもらえなくなったのは残念だ」と肩を落とした。

デーリー東北新聞社