ここから本文です

福井市消防局、市内の地名を誤読 災害時の音声案内

6/7(水) 17:08配信

福井新聞ONLINE

 福井市消防局が、火災時などにテレホンサービスで配信している災害情報案内で、同市茱崎町を「ぐみざきちょう」と発音して案内すべきところ、「しゅざきちょう」と誤った読み方で案内していたことが、6日分かった。消防職員に火災発生などを知らせる消防局庁舎内の指令放送は正しい発音になっており、業務に影響はなかった。

 市消防局は、火災発生時の問い合わせ集中を避けるため1993年から火災情報などをテレホンサービスで配信。当初は肉声を録音したものを流していたが、2003年から自動音声で配信している。

 音声で配信される地名情報のデータ入力は、業者が03年までに行ったが、その時点で誤りがあった可能性があるという。現在配信機器に登録されているデータは09年のもの。正確に「ぐみざきちょう」と設定されていたが、何らかの不具合で、過去に間違って入力した読み方「しゅざきちょう」のデータを配信していた恐れがある。

 市消防局管制課は「正確な情報を市民に届けられず、非常に申し訳ない」としており、ほかに地名の間違いがないか点検し、今月中に修正する方針。