ここから本文です

4人死亡の小型機墜落事故 パイロット 木下さんに最後の別れ/富山

6/7(水) 20:51配信

チューリップテレビ

 今月3日、立山町の北アルプスの山の中に小型機が墜落し4人が死亡した事故です。
 犠牲になった木下孝雄(きのしたたかお)さんの葬儀が7日、長野県松本市で営まれました。

 葬儀は長野県松本市の斎場で営まれ、親族や友人などが参列して木下さんの死を悼み最後の別れを告げました。
 木下さんは小型機を所有する新中央航空のパイロットで、飛行時間が1万7千時間を超えるベテランでした。
 事故当日は死亡した長野県岡谷市の小口英児(おぐちえいじ)さんの訓練で教官として小型機に乗り、富山から松本に向かう際に現場となった北アルプスを越えるルートを最終的に選んだと見られます。
 国の運輸安全委員会は6日、松本空港にある新中央航空の事務所に調査で関係者から事情を聞いたほか、残されていた記録をチェックするなどして事故原因の究明にあたっています。

チューリップテレビ